初心者にピッタリ!海外旅行で使える簡単英会話フレーズ集「交通手段編②」

 

 

ChristmasMarketJena

 

Merry Christmas!!

Enter Link English 代表の村瀬理恵子です。

素敵なクリスマスをお過ごしですか?

クリスマスといえば「チキン」という人が多いと思いますが、イギリス・アメリカなどでは「ターキー」を食べるのが伝統です。

でも、クリスマスの食べる「チキン」ってなんだかとっても美味しいですよねー。

では、今日も旅行で使える英会話フレーズをご紹介していきますね。

「交通手段編part2:タクシー に乗る」スタートです。

5.ooまでお願いします。

タクシーに乗ったらまずは行き先を伝えますね。その時に使えるフレーズはこちら。

Could you take me to the oo ?(わたしをooまで連れて行って頂けませんか? → ooまでお願いします。)

地図を見せながらなら、地図を指しながら

Could you take me to this place?(この場所までお願いします。)

住所が書いてあるメモを見せながらなら、

Could you take me to this address?(この住所までお願いします。)

となります。

“Could you take me to 〜? “で「わたしを〜まで連れていって頂けませんか?」です。

長くてこのフレーズがサラッとでてこないときは

To this place, please.

でも伝わります。

 

6.ooまでどれくらい時間がかかりますか?

目的地に着くまでの時間を聞きたいときに使える表現です。

How long does it take (from here) to oo?(ooまで(ここから)どれくらい時間がかかりますか。)

同じようにどれくらいお金がかかるか聞きたいときには次の表現が使えます。

How much does it cost (from here) to oo?(ooまで(ここから)どれくらい料金がかかりますか。)

 

7.降ろしてください。

目的地に近づいてきて降ろしてほしいときに使えるフレーズ。

Here is fine.(ここで大丈夫です。)

I’m fine.「元気です」の”fine”は「大丈夫」という意味でも使います。

Please stop here.(ここで止まってください。)

も降ろしてほしいときに使える表現です。

 

8.お釣りはとっておいてください。

お釣りをチップ代わりにしたいときに使えます。

Keep the change.(お釣りはとっておいてください。)

タクシー以外でも使える表現ですね。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。Thank you for reading to the end.

Merry Christmas and Happy new year!!

なんだかちょっと英語を話してみたくなってきた方は是非一度「無料相談会」へ。

投稿者プロフィール

rieko
rieko
テストが赤点だったことがありながらも、20年以上の英語学習経験の中で、英会話で重要なのは「中学レベルの英語」だということを確信して英語アレルギーを克服。
自身の学習体験・大手英会話スクールでの実績・中学校での英語指導経験を活かし2015年「英会話コミュニティー Enter Link English」を立ち上げる。

現在は英会話レッスン・イベントやオンラインサロン「えいかつ」など日本人による日本人のための英語事業を展開中。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

名古屋の英会話 無料相談会

最近の記事

PAGE TOP