初心者にピッタリ!海外旅行で使える簡単英会話フレーズ集「ホテル編①」

gf01a201501311200

 

おはようございます。

Enter Link English 代表の酒井理恵子です。

今回からは「ホテル編」です。

ホテルは旅行先での疲れを癒すとても重要な場所ですね。ホテルのスタッフの方と英語でコミュニケーションがとれると、より快適でつくろげると思います。

「ホテル編part1」の今回は、「ホテルの受付の方がよく使うフレーズ達」をご紹介します。以下のフレーズ達が聞き取れると、受付であたふたすることなく、スムーズにチェックインができますよ。

1.こんにちは、いかがいたしましょうか?

ホテルに着いたらまずは、受付にいきますね。そうすると受付の方はあなたにこんなふうに話かけてくれます。

Hi, What can I do for you?(いかがいたしましょうか?)

日本語の「いらっしゃいませ。」の代わりになるフレーズです。

でも「いらっしゃいませ。」って”May I help you?”じゃないの?と思う方もいるはず。

私の印象では、”May I help you?”より”What can I do for you?”の方が、よりサービス精神を感じます。

“May I help you?”は直訳すると「わたしはあなたをお手伝いしてもいいですか?」とちょっと控えめな印象。

“What can I do for you?”は「わたしはあなたのために何ができますか?」とちょっと積極的な印象。

この違いは、”may”がもともと持っている意味の「許可」と”can”がもともと持っている意味の「可能」からくるものだと思います。

だからホテルでは後者の方がよく使われるのですね。

実際の会話では、こんな感じになります。

受付:Hi, What can I do for you?
あなた:Hi. Check in, please.(チェックインお願いします。)

 

2.ご予約されていますか?

「チェックインお願いします。」を伝えると今度はこんなふうに確認をされます。

Do you have a reservation?(ご予約されていますか?)

“reservation”が「予約」です。

日本でもレストランやカフェにいくと”reseved seat”と書かれた札が机に置かれています。これは「予約席」という意味です。

“reservation”「予約」(名詞)

“reserved”「予約された」(形容詞)

“reserve”「予約する」(動詞)

「予約」は”booking”ともいいます。イギリスでよく使われる表現です。

Do you have a booking?(ご予約されていますか?)

もイギリス英語圏へ行くときはあわせて覚えておくといいですね。

実際には、

受付:Hi, What can I do for you?
あなた:Hi. Check in, please.(チェックインお願いします。)
受付:Do you have  a  reservation?
あなた:Yes. My name is ・・・・・.

 

といった感じです。

では、また次回。「ホテル編part2」でお会いしましょう^^

Have a nice weekend!

なんだかちょっと英語を話してみたくなってきた方は是非一度「無料相談会」へ。

投稿者プロフィール

rieko
rieko
テストが赤点だったことがありながらも、20年以上の英語学習経験の中で、英会話で重要なのは「中学レベルの英語」だということを確信して英語アレルギーを克服。
自身の学習体験・大手英会話スクールでの実績・中学校での英語指導経験を活かし2015年「英会話コミュニティー Enter Link English」を立ち上げる。

現在は英会話レッスン・イベントやオンラインサロン「えいかつ」など日本人による日本人のための英語事業を展開中。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

名古屋の英会話 無料相談会

最近の記事

PAGE TOP