Pocket

airport washington

 

こんばんは。

Enter  Link English代表の村瀬理恵子です。

今日は「空港編:税関審査・困ったときに使える表現」をご紹介します。

まずは、税関審査で使える2つの基本フレーズです。

 

7.税関申告書を見せてください。 → はい、どうぞ。

A customs declaration form, please?(税関申告書を見せてください。)
Here it is.(はい、どうぞ。)

“customs”「税関」

“declaration form” 「申告書」

です。

 

8.何か申告するものはありますか。→ いいえ、ありません。

Do you have anything to declare?(何か申告するものはありますか。)
No. I have nothing to declare.(いいえ、ありません。)

ひとつ前のフレーズにでてきた”declaration”は名詞です。その動詞が”declare”「申告する」です。

一緒に覚えておくといいですね。

だいたいは申告するものはないのですが、申告するものがあるときは次のように伝えます。

Yes, I have 5 bottles of liquor.(はい、お酒が5本あります。)

日本にお酒を持ち込むときは、2,280mlを超えるときは申告しなければならないようです。

続いて「困ったときに使えるフレーズ」を7つご紹介します。

 

9.ゆっくり話して頂けませんか。

Could you speak slowly?

相手の英語が早すぎるときに使えます。落ち着いて相手の英語に耳を傾けましょう。

それでももう英語でのやりとりは限界!と感じたときに使える表現はこちらです。

 

10.どなたか日本語話せる方はいませんか。

Does anyone speak Japanese?

今まさに対応してくれている人が日本語が話せるかどうか聞きたいときには

Do you speak Japanese?(あなたは日本語話しますか。)

と聞くのもいいと思います。

Can you speak Japanese?(あなたは日本語を話せますか。)

もOKですが、わたしは” Do you speak Japanese?”をお勧めします。

“Can you 〜?”を使うと横柄に思われる場合があるからです。”can”は「可能」を表す言葉なので”Can you speak 〜?”を使われると人によってはカチンときます。

頭の片隅にでも覚えておいてもらえると嬉しいです。

 

11.航空券をなくしてしまいました。

I lost my air ticket / boarding pass.

“air ticket” “boarding pass”どちらも「航空券」です。使いやすい方を選んでください。

 

12.手荷物受取所はどこですか。

Where is the baggage claim?

“baggage claim” 「手荷物受取所」です。

 

13.荷物がありません。

My luggage is missing.(私の荷物がなくなっています。)

待っても待っても荷物がでてこない。そんなときにはカウンターに行ってまずは失くなっていることを伝えましょう。そして、その後に

Here is my claim tag. Can you check the status?(これが手荷物引換証です。どうなっているか確認してもらえませんか。)

と言うと対応してもらえます。

“claim tag”「手荷物引換証」”status”「現状」という意味です。

ちなみに、”baggage”と”luggage”はどちらも「荷物」という意味ですが、”baggage”が手に持つかばんなどのことを指し、”luggage”はスーツケースのような荷物をいれる入れ物のことを指します。

 

14.どこで損害の補償を請求できますか。

Where could I submit the claim for the damage?

でてきたスーツケースが破損していたときには、手荷物受取所のカウンターに行って手続きをする必要があります。そのときに使えるフレーズです。

破損が明らかに航空会社のときは航空会社が補償してくれますが、そうでないときは保険会社に請求するように指示してもらえます。

スーツケースが破損していることは珍しいことではないので、スーツケースがでてきたら壊れていないかきちんと確認をすること、もしものときのために海外旅行保険には入っておくことをお勧めします。(保険会社の回し者でもなんでもないですが)

 

15. それは私物です。

This is my personal belongings. 
It’s my personal use.

スーツケースの中身を説明するように言われたときに使えます。

This is a souvenir for my family. (これは家族へのお土産です。)

といって説明することもできますよ。

以上が「空港編:税関審査・困ったときに使える表現」です。

困ったことは起こらないのがベストですが、困ったときこそ英語が必要になるので、覚えて使ってみてくださいね。

Thank you for reading to the end:) 

2016年、英会話を始めたい方はぜひ一度無料相談会へ。

投稿者プロフィール

rieko
岐阜県出身。
元中学英語講師中学校。
共に英語を学びたい人のための英会話コミュニティーEnter Link Englishを運営しています。
英語が得意な時期も苦手な時期もあったけど「やっぱり英語が好き」です。そんな私は一人でも多くの日本人に「英語が話せるようになるコツをつかんでほしい!」と想っています。
モットー:「There’s a will, there’s a way.」「English is fun!」
  専門:中学英語での英会話
  趣味:フラダンス

<年表>
1985(0才) :岐阜県土岐市に4人兄姉の末っ子として生まれる
1995(10才):英語に出逢う。英語大好き・英語得意(だと思い込む)
1999(中2) :初めてのホームステイ
2001(高1) :英語で初めての赤点→英語得意じゃないと気づく
2004(大1) :英会話は中学英語でできると気づく
2006(20才):オーストラリアG.C.に2ヶ月留学
2008 :英会話スクール(イーオン)に就職
2011(26才):英語の中学教員免許を取得するために通信学校入学。英会話スクール退職
2013(28才):岐阜県公立中学校英語教員デビュー
2015.1 :Enter Link English スタート


※こちらにも英語に関する記事を掲載しております。
http://www.baitohub.com/article/214
http://www.baitohub.com/article/240
http://www.baitohub.com/article/288
Pocket