Pocket

 

名古屋・春日井(勝川、高蔵寺)Enter Link Englishのレッスンに参加しているShintaです。

 

Hi everyone how are you doing?

皆さん こんにちは!如何お過ごしでしょうか?

It is getting warmer!

だいぶ暖かくなってきましたね!

One fear always comes up in this season…

この時期になると、必ず訪れる問題児…。

So, hay fever!!

そう!花粉症!!

It is very hard, isn’t it?

本当に大変ですよね。

There are many people with hay fever even in my company. They wear masks.

僕の会社でも花粉症の人は多く、マスクを着用して、何とかしのいでいる形です。

Let’s check the lesson!

今回は、目的の場所に行くためにはどのプラットフォームから

何時の電車に乗ればいいのかを聞いているやり取り内容です。

文章内に出てくるイギリス英語にも注目してみて下さい。

 

A: Excuse me, which platform do I need for the 11:00 train to London?

    すいません 11時発ロンドン行の電車は何番のプラットフォームでしょうか?

B: I’m sorry sir but that train has been canceled.

   申し訳ありません、その電車は運休になりました。

A: Oh no! What time is the next train?

   おぉ 次の電車は何時でしょうか?

B: The next train is at 11:15. Which platform do I need?

   次の電車は11:15です。私はどのプラットフォームにいけばいいですか?

A: Platform 6.

   6番プラットフォームです。

 B: OK, thank you.

   わかりました ありがとうございます。

Today point!

アメリカ英語とイギリス英語の異なるポイントについて

1. “can” の発音

アメリカ英語「キャン」

イギリス英語「カァン」

2. 「駅のホーム」 の表現の仕方

アメリカ英語 “track”

イギリス英語 “platform”

3. ファーストフード店などでの「店内で食べる」の表現の仕方

アメリカ英語 “for here”

イギリス英語 “eat in”

4. ファーストフード店などでの「持ち帰る」の表現の仕方

アメリカ英語 “to go”

イギリス英語 “take away”

 

ここで挙げたのはほんの一部ですが、

調べてみると細かい違いが沢山ありました。

日本の学校や街中で見かける英語はほとんどアメリカ英語です。

イギリス英語は日本人には馴染みが無く、

アメリカ英語とイギリス英語を普段の会話で意識する必要はないそうです。

ところが、ハリーポッターや村上春樹の英語版等世界で売られている小説の多くは

アメリカ英語版・イギリス英語版と別々で販売されるほど違いがあるそうです。

興味のある方は是非調べてみて下さい!

(ネット配信DMM英会話 アメリカ英語とイギリス英語の違いより参照)

 

Rieko先生への質問

もう春ですね!

今年の桜の開花は23日頃から始まるそうです!

今からお花見が楽しみです。

しかし、その前にホワイトデーがあります。

高校生のころ、家族へのホワイトデー(姉、母)は

手作りのシュークリームを作っていました。

完成度は低かった記憶がありますが、

喜んでもらえたのを覚えています。

僕がパティシエを志したのもこのころです。

もし、理恵子先生のホワイトデー話があれば教えて下さい。

It’s already spring!

Cherry blossoms will bloom on about 23rd Mar. I’m looking forward to it.

But before that, there is “White Day”.

When I was a high school student,

I made cream puffs for my mother and my older sister as a return gift.

I remember that they were pleased.

I thought that I would like to be a patisserie at that time.

Rieko, please tell me about your White Day memories.

 

Riekoからの回答

That’s a very heartwarming memory, Shinta.

I gave him his favorite chocolate, “Lindt” this year.

And, he gave me a return yesterday.

It was 

“Lindt”!!!

Of course, I love them, too. But, I felt a little down.

That was a funny moment.

しんたさん、とても心温まる思い出ですね。

私は今年、主人に彼の好きな「リンツ」をあげました。

昨日、お返しをもらったのですが

「リンツ」でした!!

もちろん、私もリンツが大好きなのですが、ちょっとがっかりしました。

面白い一コマでしたよ。

ライターInfo

名前:Shinta

年齢:34歳

性別:男性

職業:会社員

英語レベル:中学くらい

目標:英語で経済の雑談をする

投稿者プロフィール

rieko
岐阜県出身。
元中学英語講師中学校。
共に英語を学びたい人のための英会話コミュニティーEnter Link Englishを運営しています。
英語が得意な時期も苦手な時期もあったけど「やっぱり英語が好き」です。そんな私は一人でも多くの日本人に「英語が話せるようになるコツをつかんでほしい!」と想っています。
モットー:「There’s a will, there’s a way.」「English is fun!」
  専門:中学英語での英会話
  趣味:フラダンス

<年表>
1985(0才) :岐阜県土岐市に4人兄姉の末っ子として生まれる
1995(10才):英語に出逢う。英語大好き・英語得意(だと思い込む)
1999(中2) :初めてのホームステイ
2001(高1) :英語で初めての赤点→英語得意じゃないと気づく
2004(大1) :英会話は中学英語でできると気づく
2006(20才):オーストラリアG.C.に2ヶ月留学
2008 :英会話スクール(イーオン)に就職
2011(26才):英語の中学教員免許を取得するために通信学校入学。英会話スクール退職
2013(28才):岐阜県公立中学校英語教員デビュー
2015.1 :Enter Link English スタート


※こちらにも英語に関する記事を掲載しております。
http://www.baitohub.com/article/214
http://www.baitohub.com/article/240
http://www.baitohub.com/article/288