Pocket

13419043_1711446792443725_7356248051547768349_n

こんにちは。Enter Link English 代表のRiekoです。

猛暑ですね。水分補給はしっかりしながら夏を乗り切りましょう!

Be sure to drink lots of water!

今回は、前回満員御礼となった「English Biblio Battle」のご紹介です。

残暑が予想される9月24日に晴れて第2回を開催することになりました!

※2017.3.10現在、第4回目を開催します!今回は春らしい企画もご用意しております。

※2017.4.29現在、第5回目を開催します!今回は公式ルールに則って行います。

※2019.3.10現在、第10回目を開催します!

イベント詳細はこちらから

English Biblio(ビブリオ) Battleって何?

そもそもbiblioって聞いたことありますか?ラテン語で「本」「聖書」という意味です。

つまり”biblio battle(ビブリオバトル)”とは「本の戦い」

もともとビブリオバトルは様々なところで開催されている本のプレゼンイベントです。

それを私たちなりに”English version”にしたら、面白いんじゃない?という発想でこのイベントは始まりました。

参加するとどんないいことがあるの?

  • 新しい本に出会い、気づきが得られる
  • 生の英語のプレゼンが体験できる
  • 思いを込めることで語学力が向上する

参加方法はカンタン、プレゼンをする人(プレゼンター)と聴く人(オーディエンス)と選ぶだけ。

参加条件は「本が好きで、英語に関わる全ての人」

洋書でも和書でも絵本でも漫画でも、本ならなんでもOK!英語力も問いません!

わたしたちが一番大切にしたいのは「本への想い」です。なので語学力はどちらかというと二の次。

オーディエンスとして聴くだけの参加も大歓迎です!

前回参加者の方々からは

「英語でプレゼンするのは初めてだったけど、勉強になった。次回はもっと準備してきます。」

「次はプレゼンターででます。」

「英語のシャワー浴びてる感じでいい」

など嬉しい声もたくさん頂きました。

参加することでフツフツと湧き上がってくるモノがでてきたり、新しい視点で英語学習を捉えることができるのも、English Biblio Battleの醍醐味。

プレゼンってみなさん最近聞いたり、したりしたことありますか?

「学生の頃にやったなー」

「営業マンだから会議の時とかにはやるかな」

「聞くことはあるけど、自分がするなんて!偉い人がやるイメージがある。しかもちょっと固そう・・・」

という感じであまり身近ではない人も多いハズ。

でも「ビブリオバトル」は、どんな人でもプレゼンできるし、どんな人でも聞けます。

型にはまりすぎない個性あふれるリアルなプレゼン

それが「ビブリオバトル」の素晴らしくワクワクするところです。それに「英語」のエッセンスを加えることで、表現力もアップしさらにワクワク!(興奮しすぎて文章が支離滅裂だったらゴメンなさい)

プレゼンターって何だ?

プレゼン時間は5分間。

3分で想いのつまった本を参加者の前でプレゼンして下さい。使うのは本とご自身の言葉(ジェスチャーももちろんOK)のみ。

本から得た学びや気づき、考え方や行動の変化を英語で伝えてください。

2分は質疑応答、オーディエンスの方からの質問に対してコメントして頂きます。英語でも日本語でもOKです。

プレゼンターやってみたい、でも英語力・プレゼン力が不安・・・という人もご安心を!

オプションで、プレゼンの雛形提供+内容レビュー(1回)をさせて頂きます。お申し込みの際に、オプション希望の旨をお知らせください。

オーディエンスの方々からの評価で見事高得点を獲得された方が優勝です!(評価基準は次の項目「オーディエンスって?」をご覧下さいね)

総合優勝だけでなく、部門賞もありますよ。

オーディエンスって何だ?

 

プレゼンを聞いて楽しみながら、どんな風によかったか評価をして頂きます。

評価基準は「分かりやすさ」「読んでみたい」「共感・熱意」の3つです。

それぞれの観点で3段階評価してください。

オーディエンスの心にどれだけプレゼンが響くのか、English Biblio Battle の魅力のひとつです。ぜひ楽しみながら評価をしてくださいね。

 

イベントの流れ

1.ごあいさつ(英語)

2.ルール説明(日本語)

3.プレゼンタイム(英語)※質問タイム有。質問タイムの時は日本語可。

4.休憩

5.結果発表/表彰(日本語・英語)※プレゼンタイム中オーディエンス方に評価頂いたスコアを集計。

6.フリータイム(日本語) ※参加者同士で自由に交流

※その回によって若干流れは変わります。

詳しくはこちらから。

参加方法

こちらのページのフォームに「ビブリオ参加希望」とご記入していただき送信してください。

Facebookからも参加表明していただけます。

申し込みの際には「オーディエンス」「プレゼンター」をお選びください。「プレゼンター」の方は「オプションの希望有無」もお書き添えください。

定員:20名(うちプレゼンター5名)※プレゼンターは先着順

参加費:2,000円

オプション:1,000円

お問い合わせもぜひお気軽に^^

本から始まる英語のコミュニティー!Can’t wait to see you ALL !!

投稿者プロフィール

rieko
岐阜県出身。
元中学英語講師中学校。
共に英語を学びたい人のための英会話コミュニティーEnter Link Englishを運営しています。
英語が得意な時期も苦手な時期もあったけど「やっぱり英語が好き」です。そんな私は一人でも多くの日本人に「英語が話せるようになるコツをつかんでほしい!」と想っています。
モットー:「There’s a will, there’s a way.」「English is fun!」
  専門:中学英語での英会話
  趣味:フラダンス

<年表>
1985(0才) :岐阜県土岐市に4人兄姉の末っ子として生まれる
1995(10才):英語に出逢う。英語大好き・英語得意(だと思い込む)
1999(中2) :初めてのホームステイ
2001(高1) :英語で初めての赤点→英語得意じゃないと気づく
2004(大1) :英会話は中学英語でできると気づく
2006(20才):オーストラリアG.C.に2ヶ月留学
2008 :英会話スクール(イーオン)に就職
2011(26才):英語の中学教員免許を取得するために通信学校入学。英会話スクール退職
2013(28才):岐阜県公立中学校英語教員デビュー
2015.1 :Enter Link English スタート


※こちらにも英語に関する記事を掲載しております。
http://www.baitohub.com/article/214
http://www.baitohub.com/article/240
http://www.baitohub.com/article/288