Pocket

 

2323760575_168063162a_o

 

こんにちは。

Enter Link English代表の村瀬理恵子です。

今日はファーストフード店で使える英会話フレーズを紹介します。

ファーストフードは英語で”fast food”といいます。

「ファースト」とカタカナで発音すると”first(一番目)”と間違えられることもありますので、英語で言う時は「ファスト」と短く言いましょう。

 

1.ご注文は何になさいますか。→ これください。(メニューを指しながら)

What would you like to have?
May I take your order?
Are you ready to order?
What can I get for you?

今回は4つの「ご注文は何になさいますか。」をご紹介しました。

人によって言い回しは様々なので、聞き取れるフレーズを意識して増やすのも大切です。

まずは、自分の馴染みのある表現にプラス一つ、同じ意味の違う言い回しを覚えるように

するととっさのときに焦らなくで済みますよ。

→ I'll have this one.
→ This one, please.
→Can I have this one?

答え方として無難なのはメニューシートを指差しながら注文することです。

ファーストフード店は”fast food”の名の通り「スピードが命」

なので、注文したいものの発音が難しいなと感じるようであれば、”this one(これ)”と言ったほうがスムーズに進みますよ。

また、セットメニューは英語で”combo”とも言いますよ。

ご存知の方も多いと思いますが、「フライドポテト」はアメリカ英語で”French fries”、イギリス英語で”chips”と呼びますので、注文の時には気をつけましょう。

 

2.お飲物は何になさいますか。→コーヒーください。

What would you like to drink (with that)?
→I'll have coffee.

紅茶は”tea”、炭酸飲料は”soda”、コーラは”coke”と言います。炭酸飲料は”pop”と言うところもありますよ。

 

3.(飲み物の)サイズはどうされますか。→Sサイズください。

Which size would you like?
→Small one, please.

飲み物のサイズは”small(S) → medium(M) → large(L) → extra large(XL)”と言います。

ちなみにスターバックスコーヒーでは”short → tall → grande → venti → trenta”と言います。grande(グランデ)・venti(ベンティ) ・trenta(トレンタ)は「イタリア語」です。”trenta”は日本にはないサイズですが、アメリカにはあります。その容量はなんと910mlです。

 

4.他にご注文はございませんか。→以上です。

Anything else? 
→That's all.

注文が終わったら”That’s all.”と伝えると店員さんとの会話がスムーズにすすみますよ。

 

5. 店内で召し上がりますか、お持ち帰りですか。→持ち帰りでお願いします。

For here or to go?  → To go, please.
Eat in or take away? → Take away, please.

“for here(店内で)” “to go(持ち帰りで)”はアメリカ英語、”Eat in(店内で)” “take away(持ち帰りで)”はイギリス英語です。

“take out”は通じるのですか?という質問をいただくことが多いのですが、

答えは「通じます。」

ただ、あまり「持ち帰りでお願いします。」と言いたい時には使いません。

例えば “I bought a take-out Chinese food.(テイクアウトの中華を買った。)”というように「持ち帰りの品」と言いたい時に使われることが一般的です。

あとは、お店の看板に「店内・持ち帰りできます」ということを表すために”Eat-in  Take-out”と書かれてあったりします。

 

6.あちらのカウンターでお待ちください。→ わかりました。

Wait at the counter over there, please.
 → I see.

注文をし終えたら受け取りがあります。

受け取りには、だいたい3パターンあります。

①注文したレジで

②受け取りカウンターで

③テーブルで

です。

例文は②の場合ですね。①の場合は”Wait here,please.”「こちらでお待ちください。」③の場合は”Wait at your table,please.「お席でお待ちください。」”と言って番号札が渡されたりします。

“here” “counter” “table”が聞き取れるとどこで待てばいいのかが分かりますよ。

以上が、ファーストフード店での基本会話です。

次は、覚えておくとより便利な表現をご紹介します。

 

7.並んでいらっしゃいますか。

Are you in line?

「あなたは列にいますか。→並んでいらっしゃいますか。」という意味になります。

 

8.あなたは列の最後ですか。

Are you the end of the line?

ひとつ前のフレーズの応用編ですね。どちらでも言いやすい方を使ってください。

“line(列)”を覚えておくと役に立ちますよ。

 

9.マスタードを控えめにしてくれませんか。

Can I have less mustard?

注文にアレンジを加えたいときに使えるフレーズです。

そもそもマスタードを抜いてほしいときには”without”を使って”Can I have it without mustard?”と言えますよ。 

 

10.マヨネースを多めにしてくれませんか。

Can I have extra mayo?

多めにしてほしいときは”extra”が使えます。マヨネーズは”mayo”や”mayonnaise”と言います。

 

 

以上「ファーストフード店で使える英会話フレーズ」でした。

Thank you for reading to the end:) 

2016年、英会話を学びたい方はぜひ一度無料相談会へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

rieko
岐阜県出身。
元中学英語講師中学校。
共に英語を学びたい人のための英会話コミュニティーEnter Link Englishを運営しています。
英語が得意な時期も苦手な時期もあったけど「やっぱり英語が好き」です。そんな私は一人でも多くの日本人に「英語が話せるようになるコツをつかんでほしい!」と想っています。
モットー:「There’s a will, there’s a way.」「English is fun!」
  専門:中学英語での英会話
  趣味:フラダンス

<年表>
1985(0才) :岐阜県土岐市に4人兄姉の末っ子として生まれる
1995(10才):英語に出逢う。英語大好き・英語得意(だと思い込む)
1999(中2) :初めてのホームステイ
2001(高1) :英語で初めての赤点→英語得意じゃないと気づく
2004(大1) :英会話は中学英語でできると気づく
2006(20才):オーストラリアG.C.に2ヶ月留学
2008 :英会話スクール(イーオン)に就職
2011(26才):英語の中学教員免許を取得するために通信学校入学。英会話スクール退職
2013(28才):岐阜県公立中学校英語教員デビュー
2015.1 :Enter Link English スタート


※こちらにも英語に関する記事を掲載しております。
http://www.baitohub.com/article/214
http://www.baitohub.com/article/240
http://www.baitohub.com/article/288
Pocket