Pocket

こんにちは。

名古屋・春日井(勝川・高蔵寺)Enter Link English代表の村瀬理恵子です。

今回のトラベル英会話は、少し趣向を変えて「アメリカ英語VSイギリス英語」、2つの違いについて学んでいきたいと思います。

そもそも、英語とはどこが発祥の国でしょうか。

 

そうです、イギリスですね。

 

アメリカがイギリスの植民地だった頃、イギリス人がアメリカに英語を広めたことで、アメリカでも英語が話されるようになりました。

その後、世界をリードする大国となったアメリカは独自に英語を発展させていき、イギリスはイギリスで発展していったことでアメリカ英語、イギリス英語が生まれることになります。

 

そのため、発音や単語の意味、スペルに少しずつ違いが出てきます。

海外旅行で「通じない、どうしよう…」と困ったりした経験はありませんか。

アメリカ英語、イギリス英語の違いが関係していたのかもしれませんよ。

そこで、今回は両国の英語の違いを学びながら、語彙力も増やしていきましょう。

 

アメリカ英語orイギリス英語

<Expression>

まずは単語の違いについてみていきましょう。

1.Could you get me a taxi?(タクシーを呼んでいただけませんか。)

“taxi”はアメリカ英語でしょうか、それともイギリス英語でしょうか。

「タクシー」

アメリカ英語で“cab”

“yellow cab”って言いますよね。

イギリス英語で“taxi”

このように、これから出てくる表現についても、ぜひご自分で考えながら楽しんでみてください。

2.I want to take a underground for London.(私はロンドン行きの地下鉄に乗りたいです。)

「地下鉄」

アメリカ英語で“subway”

イギリス英語で“underground”“tube”

3.Would you like to go downtown?(繁華街にいくのはいかがですか。)

「繁華街」

アメリカ英語で“downtown”

イギリス英語で“city centre”

4.Where is a drug store?(薬局はどこですか。)

「薬局」

アメリカ英語で“drug store”“pharmacy”

イギリス英語で“chemist”

5.Do you know a good mall around here?(このあたりのよいショッピングセンターを知っていますか。)

「ショッピングセンター」

アメリカ英語で“shopping center”

イギリス英語で“mall”

6.Do you have other sizes of these trousers?(このズボンの他のサイズはありますか。)

「ズボン」

アメリカ英語で“pants

イギリス英語で“trousers

s”がないとズボンの片方だけになってしまうので、“s”を忘れずに。

また、「下着」のことを

アメリカ英語では“underwear”

イギリス英語では“pants”

と言うため、少し注意が必要ですね。

7.Can I get a small size of chips?(Sサイズのフライドポテトをもらえますか。)

「フライドポテト」

アメリカ英語で“french fries”

イギリス英語で“chips”

“fish & chips”って言いますよね。

ただ、「ポテトチップス」になると

アメリカ英語では“potato chips”

イギリス英語では“crisps”

と言います。

8.Are you in line?(並んでいますか。)

「列」

アメリカ英語で“line”

イギリス英語で“queue”

9.There is a front desk in the ground floor.(1階にフロントがあります。)

「1階、2階、3階」

アメリカ英語で“first floor”、“second floor”、“third floor”

イギリス英語で“ground floor”、“first floor”、“second floor”

10.Are you on vacation?(休暇ですか。)

「休暇」

アメリカ英語で“vacation”

イギリス英語で“holiday”

 

その他にも…

「セーター」

“sweater”(アメリカ英語)/“jumper”(イギリス英語)

 

「トイレ」

“restroom”/“toilet”“lavatory”

 

「駐車場」

“parking lot”/“car park”

 

「紙幣」

“bill”/“note”

 

「勘定」

“check”/“bill”

 

「エレベーター」

“elevator”/“lift”

 

「手荷物」

“baggage”/“luggage”

 

などの違いがあります。

ここで取り上げた以外にも様々ございますので、これを機にご自身で調べてみても面白いと思います。

 

<Spelling&Pronunciation>

次はスペル&発音の違いについてです。

 

「中央、センター」

“center”(アメリカ英語)/“centre”(イギリス英語)

 

「映画館、劇場」

“theater”/“theatre”

 

「色」

“color”/“colour”

 

「お気に入りの」

“favorite”/“favourite”

 

「飛行機」

“airplane”/“aeroplane”

 

スペルについては、アメリカ人が間違えて覚えたのではないかという諸説もあります。

こう見てみると、私たち日本人は「アメリカ英語」を学んできたということがわかりますね。

発音については、「イギリス英語」は“t”の音を強くしっかり発音します。

また、“r”と“l”の発音に区別がないのも特徴です。

そのため、アメリカ英語よりもはっきりとして聞き取りやすく、発音もしやすいと思います。

皆さんはどちらがお好みでしょうか。

 

英語で大切なのは「通じること」

 

その国の言葉を知ることで、文化や歴史的背景も見えてきたりして面白いですし、通じることも増えてきます。

ぜひそんなところも楽しみながら言葉を覚えていってくださいね。

 

以上「アメリカ英語VSイギリス英語」でした。

Thank you for reading to the end:)

 

お知らせ

次回のトラベル英会話は、

6月4日(土)11:30-12:40、名駅会場にて開講いたします。

ご興味のある方はぜひいらしてくださいね。

 

お申し込みはこちらからできます。

 

また、6月からはカフェとのコラボレッスンがスタートします。

「中学英語でシンプル英会話」がコンセプトの海外旅行・日常会話で使える英会話を、

美味しい飲み物・プチケーキやスナックと一緒に、リラックスした雰囲気の中で学びませんか。

すでに開催第一回目(6/11)のレッスンは満員御礼となりました!

ありがとうございます。

第二回目以降のカフェレッスンも開講が決定していますので、気になる方は検討してみてください。

 

6月14日「こんなにカンタン!?英語で褒め上手になれるテクニック編」

7月5日「シンプルなのに、大人な英会話に変身!必見フレーズ編」

7月9日「海外旅行がより充実する魔法の言葉 part2」

 

時間・場所・料金などの詳しい内容についてはこちらをご覧ください。

 

英会話を学びたいけど…と悩んでいる方はぜひ一度無料相談会へ。

投稿者プロフィール

rieko
岐阜県出身。
元中学英語講師中学校。
共に英語を学びたい人のための英会話コミュニティーEnter Link Englishを運営しています。
英語が得意な時期も苦手な時期もあったけど「やっぱり英語が好き」です。そんな私は一人でも多くの日本人に「英語が話せるようになるコツをつかんでほしい!」と想っています。
モットー:「There’s a will, there’s a way.」「English is fun!」
  専門:中学英語での英会話
  趣味:フラダンス

<年表>
1985(0才) :岐阜県土岐市に4人兄姉の末っ子として生まれる
1995(10才):英語に出逢う。英語大好き・英語得意(だと思い込む)
1999(中2) :初めてのホームステイ
2001(高1) :英語で初めての赤点→英語得意じゃないと気づく
2004(大1) :英会話は中学英語でできると気づく
2006(20才):オーストラリアG.C.に2ヶ月留学
2008 :英会話スクール(イーオン)に就職
2011(26才):英語の中学教員免許を取得するために通信学校入学。英会話スクール退職
2013(28才):岐阜県公立中学校英語教員デビュー
2015.1 :Enter Link English スタート


※こちらにも英語に関する記事を掲載しております。
http://www.baitohub.com/article/214
http://www.baitohub.com/article/240
http://www.baitohub.com/article/288
Pocket