Pocket

 

みなさん

初めまして、Yasuです。

隙間時間で英語学習をしていますが、本日受講しましたEnter link English名駅会場のレッスン内容について、レポートします。

 

レッスン内容

レッスンは10行程度の英会話文章をもとに、進めていきます。

大きな流れは、

(1)会話内容に関する3択の問題(英語)×3

(2)ブランク部分の英単語の穴埋め×10

(3)シャドーイング

(4)文章からポイントとなる単語や文法

(5)4で学んだ単語や文法を活用するエクササイズ

となります。

 

(1)〜(4)はパソコンから再生するネイティブの英会話を何度も聞いて進めていきます。

回数を重ねると単語や意味がだんだんわかってくるのが、実感できます。

時間は70分ですが、ときに集中ときに笑いと脱線で、あっという間に時間は過ぎます。

 

“wear”の使い方は「〜を着る」だけじゃない?!

今日学んだ内容は、“wear”が印象深かったです。

“wear”と聞くと、「えっ?そんな基本的な単語知らないの?」と思ったでしょうか?

私だって“wear”位は知っていました(知っているつもりでした)。

皆さん中学校で習った“wear”の意味は「着る」ではなかったでしょうか?(私はそうでした。)

 

今日学んだのは、“wear”は「着る」という意味だけではなく「身につける」という意味があることです。

英語での“wear”の利用は衣服だけでなく、靴やネックレス、さらにはメガネにまで及びます。

「メガネを着る」こんな日本語ありませんよね。

真顔で言ったら、日本人風の外国人と間違われてしまいます。

「メガネを身につける」であれば、「ちょっと変わった日本人」となり、ギリギリ日本人でいることができます。(笑)

 

日本人うんぬんの話はさておき、“wear”を「身につける」で覚えておけば、ネックレスやメガネにも応用が効きやすいですね。

こういった基本的な単語だけど使い方が難しいところを教えてもらえるのが、人に教えてもらうメリットです。

さすがRieko先生、皆が(というより私が)間違えやすいところをよく知ってらっしゃる。

 

レッスン中でも気になることはすぐ聞ける?!

あとは、私が以前から気になっていた質問をぶつけてみました。

タイ・フィリピン・インドネシアなどのいわゆるASEAN諸国を日本語では「東南アジア」と呼びますが、英語では“Southeast Asia”なんです。

 

直訳すると「南東アジア」!

前から「なんでだろう」と思っていましたが、本日会話の中で東南アジアの話になったため、思い切って聞いてみました。

 

私見ではあるとの前置きはありましたが、「日本語と英語における方位の順序付けの違いではないか?」との考えを教えてもらいました。

日本語では「東西南北」と言います。それ以外の語順では言わないですよね。

英語では、“north south east west(北南東西)”の順序付けがあるとのことでした。

 

気になって、家で調べてみたらYahoo知恵袋に同じようなことが書いてありました。

日本は中国文化の影響を受けており、中国では東西を先にいう文化とのこと。

語学から文化まで勉強できちゃいますね。

 

こういった気になった点(レッスンと直接関係がなくても)を聞けるのもEnter Link Englishのいいところです。

今のところRieko先生から回答がなかったことは、ありません。

 

Rieko先生への質問

私からみるとRieko先生は英語がペラペラで凄いなぁといつも感じます。

そこで質問ですが、先生は今でも授業以外で英語を勉強しているのでしょうか?

しているとしたら、どのような勉強をしていますか?

また、ネイティブと話をしていてどのようなことで困ることがありますか?

 

Riekoからの回答

英語の勉強は、、、していますねー。

レッスン以外にも、テキスト作成、翻訳などもさせていただいているので、英語には365日ほぼ触れています。

ですが、やっぱり英語で話す機会は意識しないとなかなか作れないので、

外国人が集まるようなバーに行ったり、英会話サークルに参加してみたり、海外に行く機会を作ったり、などしています。

 

ネイティブと話をしていて困ることは、モゴモゴ話す人の聞き取りですね。

男性で声が低い人は音が籠るので非常にリスニングに気合いが入ります。

「勘」で聞いている時もよくあります。「この状況で今この話題だからきっとこんなことを言っているハズ」という推測力をフル活用します。

 

それがまた面白いんですけどね。

だから表現力を増やすことは日々コツコツと言った感じです。

 

ライターinfo

名前:Yasu

職業:会社員(副業でトレーダー)

年齢:40代♂

英語レベル:気合と根性で日常会話を成立させられるレベル(?)

 

 

無料相談会実施中

レッスンの雰囲気を見てみたい

レッスンを試してみたい

そんな方のために、無料相談会を実施しています。

レッスンの雰囲気や内容を肌で感じていただけると思います。

ぜひ、レッスン見に来てくださいね。

一緒に学びましょう!!

無料相談会のお申し込みはこちらから。

投稿者プロフィール

rieko
岐阜県出身。
元中学英語講師中学校。
共に英語を学びたい人のための英会話コミュニティーEnter Link Englishを運営しています。
英語が得意な時期も苦手な時期もあったけど「やっぱり英語が好き」です。そんな私は一人でも多くの日本人に「英語が話せるようになるコツをつかんでほしい!」と想っています。
モットー:「There’s a will, there’s a way.」「English is fun!」
  専門:中学英語での英会話
  趣味:フラダンス

<年表>
1985(0才) :岐阜県土岐市に4人兄姉の末っ子として生まれる
1995(10才):英語に出逢う。英語大好き・英語得意(だと思い込む)
1999(中2) :初めてのホームステイ
2001(高1) :英語で初めての赤点→英語得意じゃないと気づく
2004(大1) :英会話は中学英語でできると気づく
2006(20才):オーストラリアG.C.に2ヶ月留学
2008 :英会話スクール(イーオン)に就職
2011(26才):英語の中学教員免許を取得するために通信学校入学。英会話スクール退職
2013(28才):岐阜県公立中学校英語教員デビュー
2015.1 :Enter Link English スタート


※こちらにも英語に関する記事を掲載しております。
http://www.baitohub.com/article/214
http://www.baitohub.com/article/240
http://www.baitohub.com/article/288
Pocket