Pocket

こんにちは。

名古屋・春日井(勝川、高蔵寺)Enter Link Englishのレッスンに参加しているRioです。

凍えるように寒い日が続いていますね。

レッスンの日もとても寒かったので、参加者の皆さんと英語で「寒い」の表現について学びました。

「寒い」だけでも色んな言い方があるんですね。

“It’s cold.”

“It’s freezing.”(真冬、凍えるような寒さのときに使えます。)=“It’s ice & cold.(It’s cold like ice.)”

“It’s chilly.”(ひんやりした寒さのとき、例えば、朝や秋〜冬にかけての季節の変わり目などに使えます。)

他にも、

“It’s nice & cool.”(涼しいときに使えます。)

“It’s a beautiful day.”“It’s a lovely day.”「素敵な日ね!」

天気のことは話題に上がりやすく、毎日のように使うので、色々な単語を組み合わせて表現の幅を広げていけたら楽しそうですね。

 

それでは、今回のレッスン内容をご紹介します。

 

レッスン内容

今回は「レンタカーショップでの会話」です。

予約していたレンタカーを受け取りに来たお客様と店員さんとの会話です。

今回のシチュエーションはレンタカーショップだけでなく、レストランやホテル、空港などでも起こりうる内容です。

A: Excuse me. This is a mistake.

ミスが沢山あれば、“There are some mistakes.”などと表現できます。

B: What’s the problem?

他にも

“What’s wrong?”

“A mistake?”

“Oh, really?”

などの言い方ができます。

A: We asked for an automatic.

“ask for A”「Aを注文する、請求する、求める、が欲しいと言う」=“order”

“automatic”「自動の」、反対語は“manual”

B: Oh, dear. Let me check the computer. Yes, you’re right. It’s my mistake.

“Oh, dear.”=“Wow.”“Oh my goodness.”“Oh my god.”

驚いたときや嬉しいとき、悲しいときにも使える表現です。

 

“let + 人(目的格) + 動詞の原形”「人が〜するのを許す、許可する」

例えば

“let me check”(私が確認するのを許す→確認させて)

“let me try”(試させて)

“let him drive”(彼が運転するのを許す→運転させる)

などとなります。

今回は“let + 人 + 動詞の原形”を使えるようになるための英作をしました。

例えば…

「説明させてください。」は

“Let me explain, please.”
「後でお知らせするね。」は

“I’ll let you know later.”
「私たちにお手伝いできることがあれば教えてください。」は

“Please let us know if we can help you.”

などと表現することができます。

まずは“Let me ~”を使えるように!

“Let me think.(考えさせて)”

“Let me help you.(手伝わせて)”

“Let me take care of her.(彼女のお世話をさせて)”など。

A: And we wanted a sunroof, too.

“want”と“want to”の違い

“want”の後ろには「名詞」、“want to”の後ろには「動詞」がきます。

もし“want to”を使うのであれば、“we wanted to rent a sunroof, too.”などと表現できます。

B: I’m sorry. I’ll sort this out.

“sort A out”「Aの手配をする、準備する」=“be ready for A”

他にも、“I’ll change the reservation.(予約を変更します。)”と言ったり、

自分で判断できないときには、“I’ll speak to the manager.(責任者に話してきます。)”などと言ったりします。

A: Thank you.

 

最後に、毎月のTopicからスピーチタイム!

今回は私が年末に胃腸風邪になった話をさせていただきました。

その話に対してみなさんがたくさんコメントや質問をしてくださったので、全てご紹介します。(復習や学習にお役立てください。)

“I’m sorry to hear that, but very nice and easy to understand. Nice English.”

“easy to ~”「〜しやすい」

“I’m very sorry. Did you go to the doctor by yourself or with your family? / Did your family take you to the doctor?”

この場合の“take”は「連れていく」

“When did you get over/recover from your high fever?”

“get over / recover from”「〜から回復する」

“How much/high temperature did you have/get?”

“temperature”「温度、気温、体温、熱」

“How long did your fever continue?”

 

 

以上、潜入レポートでした。

Thank you for reading to the end:)

 

無料相談会実施中

レッスンの雰囲気を見てみたい

レッスンを試してみたい

そんな方のために、無料相談会を実施しています。

ぜひ、レッスン見に来てくださいね。

レッスンの雰囲気や内容を肌で感じていただけると思います。

一緒に学びましょう!!

 

無料相談会のお申し込みはこちらから。

投稿者プロフィール

rieko
岐阜県出身。
元中学英語講師中学校。
共に英語を学びたい人のための英会話コミュニティーEnter Link Englishを運営しています。
英語が得意な時期も苦手な時期もあったけど「やっぱり英語が好き」です。そんな私は一人でも多くの日本人に「英語が話せるようになるコツをつかんでほしい!」と想っています。
モットー:「There’s a will, there’s a way.」「English is fun!」
  専門:中学英語での英会話
  趣味:フラダンス

<年表>
1985(0才) :岐阜県土岐市に4人兄姉の末っ子として生まれる
1995(10才):英語に出逢う。英語大好き・英語得意(だと思い込む)
1999(中2) :初めてのホームステイ
2001(高1) :英語で初めての赤点→英語得意じゃないと気づく
2004(大1) :英会話は中学英語でできると気づく
2006(20才):オーストラリアG.C.に2ヶ月留学
2008 :英会話スクール(イーオン)に就職
2011(26才):英語の中学教員免許を取得するために通信学校入学。英会話スクール退職
2013(28才):岐阜県公立中学校英語教員デビュー
2015.1 :Enter Link English スタート


※こちらにも英語に関する記事を掲載しております。
http://www.baitohub.com/article/214
http://www.baitohub.com/article/240
http://www.baitohub.com/article/288
Pocket