Pocket

こんにちは。

名古屋・春日井(勝川、高蔵寺)Enter Link Englishのレッスンに参加しているRioです。

もうすっかり冬ですね。

気温がぐんと下がり、雪も降って本格的な冬の訪れを感じるこの頃。

風邪やインフルエンザには気をつけたいものですね。

と言っても年末に胃腸風邪になってしまった私ですが(笑)

この間、テレビで免疫力を上げる方法をやっていたのですが、なんでも体の中のNK細胞(ナチュラルキラー細胞)がニート化していると免疫力が低下してインフルなどになりやすいみたいです。

ニート化したNK細胞は水もしくは温かいお茶を飲むことで活性化し、腹式呼吸をすることで全身に行き渡り、これらを続けることで免疫力がUPするんですって!

これで冬のウィルスを寄せ付けない体を作ろうと思います!笑

皆さんもぜひ試してみてください^^

 

では、今回のレッスン内容を振り返っていきます。

 

レッスン内容

今回のリスニングでは「サンドイッチカフェでの会話」を聞きました。

カフェでの会話は海外旅行にも役立ちそうですね!

A: Hello. Can I have a cheese sandwich to take away, please?

“take away(英)”「持ち帰る」=“go(米)”

“eat in(英)”「店内で食べる」=“here(米)”=“eat here”

*(英)=イギリス英語、(米)=アメリカ英語

B: Sure. Do you want a bagel, a roll, or a baguette?

“baguette”には「長方形」という意味があり、細長いパンのことを「バゲット」というそうです。

A: A bagel, please.
B: OK, Would you like anything else?

“Would you like ~ ?”「〜はいかがですか?」=“Do you want ~ ?”

今回は“Would you like ~ ?”を用いて英作しながら使い方を学んでいきました。

例えば…

「紅茶をもう一杯いかがですか。」を英語にすると

“Would you like another cup of tea?”
「飲み物は何になさいますか。」を英語にすると

“What would you like to drink?”

などと表現することができます。

また、この“What would you like to drink?”を少し変化させると色々な言い方ができるのでこれを活用した表現をいくつかご紹介します。

例えば…

「お食事は何にされますか。」

“What would you like to eat / have?”
「何をされたいですか。」

“What would you like to do / want?”
「どこの席に座られたいですか。」

“Where would you like to sit / have a seat?”
「いつこちらに来られますか。」

“When would you like to come (here)?

こんな風に「5W1H」と「動詞」の部分を変えるだけで自分の話せる英語の幅が広がっていきます!

Rieko先生曰く、他の表現も塊で覚えておけばパズルみたいに入れ替えていくだけで沢山話せるようになるそうです!

A: I’d like some tomato, please.

“I’d like ~”「〜ください」=“I want ~ / I’ll have ~”

スクリプトでは“Would you like ~ ?”で聞かれているので“I’d like”と答えれば丁寧ですが、“I want / I’ll have”で答えてもいいそうです。

B: Do you want any mayonnaise, salt, pepper?
A: I’d like some salt, please.
B: OK. Anything to drink?
A: A large cola, please.

丁寧に答える場合は“I’d like to drink a large cola, please.”となります。

“cola(コーラ)”のことを“coke”ともいいます。

 

飲み物を頼むとき、日本ではほとんどが無料で出てくる「水」と「温かいお茶」ですが、海外では言い方に気をつけないと違う飲み物が出てきてしまうこともあるようです。

「水」が欲しいとき

“Water, please.”と言うとだいたい「有料の水」が出てきます。

「有料の水」の中には“still water”「ガス抜きの水(普通の水)」と“sparkling (mineral) water”「炭酸水」があります。

有料でもなんでもいいから水が欲しいときには“Water, please.”と言えば水は出てきますが、ガス抜きの水が欲しいときは“still water”と言ってみてください。国によっては“sparkling water”が主流のところも多いです。

「無料の水」が欲しいときには

“Tap water, please.”と言うと「水道水」が出てきます。

「温かいお茶」が飲みたいとき

“Hot green tea, please.”でも通じますが、たまに甘いお抹茶が出てくるときがあります。

なので“Hot Japanese tea, please. / Hot Chinese tea, please.”と言うと私たち日本人に馴染みのあるお茶が出てきます。

B: Thank you. That’s $6.25, please.

 

リスニング内容を基に、会話練習を行い、最後に自分のオリジナルサンドイッチを注文するという実践的な会話を楽しみ、今回のレッスンは終了しました。

 

無料相談会実施中

レッスンの雰囲気を見てみたい

レッスンを試してみたい

そんな方のために、無料相談会を実施しています。

ぜひ、レッスン見に来てくださいね。

レッスンの雰囲気や内容を肌で感じていただけると思います。

一緒に学びましょう!!

 

無料相談会のお申し込みはこちらから。

投稿者プロフィール

rieko
岐阜県出身。
元中学英語講師中学校。
共に英語を学びたい人のための英会話コミュニティーEnter Link Englishを運営しています。
英語が得意な時期も苦手な時期もあったけど「やっぱり英語が好き」です。そんな私は一人でも多くの日本人に「英語が話せるようになるコツをつかんでほしい!」と想っています。
モットー:「There’s a will, there’s a way.」「English is fun!」
  専門:中学英語での英会話
  趣味:フラダンス

<年表>
1985(0才) :岐阜県土岐市に4人兄姉の末っ子として生まれる
1995(10才):英語に出逢う。英語大好き・英語得意(だと思い込む)
1999(中2) :初めてのホームステイ
2001(高1) :英語で初めての赤点→英語得意じゃないと気づく
2004(大1) :英会話は中学英語でできると気づく
2006(20才):オーストラリアG.C.に2ヶ月留学
2008 :英会話スクール(イーオン)に就職
2011(26才):英語の中学教員免許を取得するために通信学校入学。英会話スクール退職
2013(28才):岐阜県公立中学校英語教員デビュー
2015.1 :Enter Link English スタート


※こちらにも英語に関する記事を掲載しております。
http://www.baitohub.com/article/214
http://www.baitohub.com/article/240
http://www.baitohub.com/article/288
Pocket