Pocket

 

dsc00248

こんにちは。

名古屋・春日井(勝川、高蔵寺)Enter Link Englishのレッスンに参加しているRioです。

 

先日、第3回English Biblio Battleが開催されました。

写真はそのときのものです!!

これは、「オススメの本を英語でプレゼンする」イベントです。

私はプレゼンを聞く側として参加させていただきました。

今回が2回目の参加でしたが、前回よりも英語が聞き取れるようになっていてとても楽しく嬉しかったです。

これもプレゼンターの方々の分かりやすく思いのこもった熱弁のおかげだと思います。

生き生きと楽しそうに本の魅力を語っていて、皆さん輝いていました。

いや〜かっこよかったです。

 

もし興味を持たれた方がいましたら、こちらをご覧ください。次回の開催日は未定ですが、春頃の予定だとのこと。

本が好きな方、英語が好きな方、話すのが好きな方、聞くのが好きな方、ぜひお待ちしております。

熱い空間を一緒に過ごしましょう。

 

それでは、今回のレッスン内容をご紹介します。

 

レッスン内容

今回のリスニング内容です。

Michael’s boss talked with him today.

“talk with(to)”で「〜と話す」

“with”より“to”の方がカジュアルになります。

In general, she doesn’t think Michael is doing very well on the job.

“in general”は「おおむね、全体的に」

他にも同じ意味の表現で、“mostly”“mainly”“generally”があります。

 

“do well”で「うまくいく」

He has to do better.
According to Michael’s boss, he types too slowly.

He should type faster.

“according to”は「〜によると」

“too + 形容詞or副詞”で「〜すぎる」

今回の文章中だと“too slowly”“too carelessly”“too quickly”とすべて副詞が使われています。

副詞のほかに形容詞もOKです。

例えば、“too fast”“too hot”“too cute”などです。

“slowly”は「ゆっくり」、反対語は“fast”“quickly”“speedy”

形容詞や副詞を覚えるときに、反対語も一緒に覚えると馴染みやすいですね。

*形容詞や副詞の使い方について

①He is a slow speaker.

②He speaks slowly.

③He speaks slower.

「彼はゆっくり話す」という事実を色々な言い方で表現することができます。

言い方によって“slow”がちょっとずつ変化します。

①“slow”は形容詞です。

「彼は話す人です。」→どんなふうに話す人なの?→「ゆっくり話す人です。」

というように、形容詞は名詞を詳しく説明します。

②“slowly”は副詞です。

「彼は話します。」→どんなふうに話すの?→「ゆっくり話します。」

というように、副詞は動詞を詳しく説明します。

③“slower”は比較級です。

「彼は話します。」→どんなふうに話すの?→「(何かと比べて)よりゆっくり話します。」

形容詞と副詞の見分け方ですが、最後に“ly”があると副詞の場合が多いです。

In addition, he files too carelessly.

He should file more carefully.

“carelessly”は「不注意に、うっかり」、反対語は“carefully”

「彼は注意深い人です。」を英語にすると…

“He is so carefully.”や“He is a careful person.”などと表現できます。

Furthermore, he speaks on the telephone too quickly.

He should speak slower.

“furthermore”は「その上、さらに」≒“in addition”“additionally”

カジュアルな言い方になると、“also”“besides”“and”などがあります。

Michael wants to do well on the job, and he knows now that he has to try a little harder.

 

今回の会話文の一部です。

語彙や文法で学んだことを「書くこと」と「話すこと」を通して自分のものにしていきます。

会話①

A: I think he is a careless driver.

B: That’s true. He drives very carelessly.

A: I think彼はもっと注意深く運転すべきだ。

彼はもっと注意深く運転すべきだ。を英語にすると…

“he should drive more carefully.”

会話②

A: 今日上司と話したよ。

B: How was it?

A: 彼女によると, I have to do my job faster.

B: Can you do that?

A: Well, I’ll try to do my best.

「今日上司と話したよ。」を英語にすると…

“I talked with(to) my boss today.”
「彼女によると」を英語にすると…

“According to her”

 

レッスンの最後に、今月のお題から私は“my best friend”について発表しました。

皆さんにも共有させてください!(笑)

My best friend will be a mother soon.

Before her baby is born, I want to see her.

According to her, her baby is moving actively in her stomach.

So, I want to listen to the sound of baby.

I’m going to see her next month.

もう一人の参加者の方も、もうすぐ来たる結婚式について話してくれました。

来月はどんな話が聞けるのか楽しみです。

 

無料相談会実施中

レッスンの雰囲気を見てみたい

レッスンを試してみたい

そんな方のために、無料相談会を実施しています。

ぜひ、レッスン見に来てくださいね。

レッスンの雰囲気や内容を肌で感じていただけると思います。

一緒に学びましょう!!

 

無料相談会のお申し込みはこちらから。

投稿者プロフィール

rieko
岐阜県出身。
元中学英語講師中学校。
共に英語を学びたい人のための英会話コミュニティーEnter Link Englishを運営しています。
英語が得意な時期も苦手な時期もあったけど「やっぱり英語が好き」です。そんな私は一人でも多くの日本人に「英語が話せるようになるコツをつかんでほしい!」と想っています。
モットー:「There’s a will, there’s a way.」「English is fun!」
  専門:中学英語での英会話
  趣味:フラダンス

<年表>
1985(0才) :岐阜県土岐市に4人兄姉の末っ子として生まれる
1995(10才):英語に出逢う。英語大好き・英語得意(だと思い込む)
1999(中2) :初めてのホームステイ
2001(高1) :英語で初めての赤点→英語得意じゃないと気づく
2004(大1) :英会話は中学英語でできると気づく
2006(20才):オーストラリアG.C.に2ヶ月留学
2008 :英会話スクール(イーオン)に就職
2011(26才):英語の中学教員免許を取得するために通信学校入学。英会話スクール退職
2013(28才):岐阜県公立中学校英語教員デビュー
2015.1 :Enter Link English スタート


※こちらにも英語に関する記事を掲載しております。
http://www.baitohub.com/article/214
http://www.baitohub.com/article/240
http://www.baitohub.com/article/288
Pocket