Pocket

こんにちは。

名古屋・春日井(勝川、高蔵寺)Enter Link Englishのレッスンに参加しているRioです。

こたつに入って温まりたい気分です。

レッスンの日は吹き飛ばされそうなほど風の強い日でした。

ということで、話題は「風」の表現について。

「風」は“wind”

「突風」は“blast”

「そよ風」は“breeze”(春の心地よい日に“nice breeze”(いい風だね。そよ風が吹いてるね。)と使ってみたり。)

「風の強い」は“windy”

風が強いときの「強い」は“strong”や“heavy”を使って表現することもできます。

 

“It’s windy and cold today.”(今日は風が強くて寒いです。)

 

それでは、今回のレッスン内容をご紹介します。

 

レッスン内容

今回は「レストランでの会話」です。

A: Excuse me. I have a question.
B: What can I help you with?

=“How can I help you?”=“What can I do for you?”

“with”「〜について」

前文の“I have a question.”を受けて、「あなたの質問について私は何ができますか。」となります。

 

“May I help you?”との違い

例えば、

“May I help you?”→“I have a question.”

(いかがされましたか。→ 質問があります。)

今回の会話では、

“I have a question.”→“What can I help you with?”

(質問があります。→ いかがされましたか。)

自然な会話の流れを意識すると以上のような違いがあります。

つまり、お客様が困っていることがすでにわかっているかどうかで質問の仕方を変えているようですね。

 

ちなみに、Siriの言語を英語にして立ち上げると、“What can I help you with?”(ご用件はなんですか。)と聞いてきます。

A: What does “Breakfast Special” mean?

“mean”「意味する」

メニューの内容を詳しく聞きたいときに“What does 〇〇 mean?”は役立ちます。

または、メニューを指差して“What does it/this mean?”と言ってもいいですね。

他にも、“What do you mean?”

これは、相手の言っていることはわかるけれど、解釈ができないときに「それってどういう意味なの?何を言いたいの?」という感じです。

 

言葉の意味を知りたいときには便利なフレーズですね!

B: It’s French toast. And it comes with fresh fruit.

“come with”「〜が付いている」

今回の場合だと、「メインはフレンチトーストで、そこに添えられているものとしてフレッシュフルーツがついてくるよ。」というイメージです。

例えば…

「ホイップクリーム付きのパンケーキ」だと

“pancakes come with whipped cream”
「人」の場合だと

“Come with me.”(私についてきて)

となります。

 

ということで、今回は“come with”を使って英作をしました。

例えば…

「私と一緒に来ない?」は

“Why don’t you come with me?”
「そのアパートには家具が付いています。(家具付きのアパート)」は

“The apartment come with the furniture.”

または、“furnished apartment”(家具付きアパート)と表現することもできます。(広告だとこちらで表現されています。)

A: Oh, that sounds good. I’ll have it.

“sound”「〜のように聞こえる」

もともとは、“That is good.”(いいね!)

これが変形して“That sounds good.”(良さそうだね!)

他にも

“That tastes good.”(いい風味だね!)

“That smells good.”(いい匂いだね!)

“That looks good.”(よく似合うね!)

“That seems good.”(全体的にいいね!)

動詞を変えただけでこれだけのバリエーション!

“good”を“bad”に変えても使えますね。

B: OK. Coming right up.

“(I’m) coming (right) up!”=“I’ll be (right) back.”「ただいまお持ちします。」

“come up”「近づいてくる」

店員さんはもともとお客さんのところにいて、一旦用意をするためにその場を離れ、またお客さんのところへ戻ってくるため、“come”が使われています。

 

レッスンのまとめとして実践的な会話をする中で、言われたいし使ってみたいと盛り上がったフレーズがあったのでご紹介します。

 

“You can stay as much time as you like.”(好きなだけご滞在してくださいね。)

 

言われた方も言った方も笑顔になれそうですね。

 

以上、潜入レポートでした。

Thank you for reading to the end:)

 

無料相談会実施中

レッスンの雰囲気を見てみたい

レッスンを試してみたい

そんな方のために、無料相談会を実施しています。

ぜひ、レッスン見に来てくださいね。

レッスンの雰囲気や内容を肌で感じていただけると思います。

一緒に学びましょう!!

無料相談会のお申し込みはこちらから。

投稿者プロフィール

rieko
岐阜県出身。
元中学英語講師中学校。
共に英語を学びたい人のための英会話コミュニティーEnter Link Englishを運営しています。
英語が得意な時期も苦手な時期もあったけど「やっぱり英語が好き」です。そんな私は一人でも多くの日本人に「英語が話せるようになるコツをつかんでほしい!」と想っています。
モットー:「There’s a will, there’s a way.」「English is fun!」
  専門:中学英語での英会話
  趣味:フラダンス

<年表>
1985(0才) :岐阜県土岐市に4人兄姉の末っ子として生まれる
1995(10才):英語に出逢う。英語大好き・英語得意(だと思い込む)
1999(中2) :初めてのホームステイ
2001(高1) :英語で初めての赤点→英語得意じゃないと気づく
2004(大1) :英会話は中学英語でできると気づく
2006(20才):オーストラリアG.C.に2ヶ月留学
2008 :英会話スクール(イーオン)に就職
2011(26才):英語の中学教員免許を取得するために通信学校入学。英会話スクール退職
2013(28才):岐阜県公立中学校英語教員デビュー
2015.1 :Enter Link English スタート


※こちらにも英語に関する記事を掲載しております。
http://www.baitohub.com/article/214
http://www.baitohub.com/article/240
http://www.baitohub.com/article/288
Pocket