Pocket

11563052893_de8c4f2a08

こんにちは。

Enter Link Englishの村瀬理恵子です。

英会話を勉強するときの勉強法って悩みますよね。世間にありふれすぎてて何を選んでよいのやら・・・

「英会話」「悩み」というキーワードで、世間のみなさまが抱えているお悩みを、独自の方法でリサーチ(←よくテレビ調査で使われる一言。使ってみたかった!!)したところ、

やっぱっり「No1.は勉強法について」でした。

そこで、今回は「英語初心者の方が抱える悩み」をランキング形式でご紹介しながら、お勧めの勉強方法をご紹介していきたいと思います。

お悩みは、わたしが共感できるものばかり!そしてあなたもきっと「わかるかわるー」となるハズ!

ぜひ、これからの英語学習の参考にしてみてくださいね。

 

第1位 勉強方法のついて

digital-student-expectations

ケース1:英語を話せるようになりたいと思っているのですが、どこから手をつけていいのか解りません。 スピードラーニング、英会話教室、TOEIC、独学等、色々な方法があると思うのですが、どの勉強方法が効果的なのでしょうか?

わたしももっともよく聞かれる質問のひとつが

「スピードラーニングってどうなんですか?」

英語を学んでいる方なら一度はサンプルなど「スピードラーンニング」を耳にしたことがある人も多いハズ。

わたしもサンプル聴いたことがあります。

わたしの答えは

「中学校英語が分かっている人にオススメです。」

あとは目的によって勉強方法を変えるのがよいです。

この方は「英語を話せるようになる」ことが目的のようですね。

それであれば一番は「英会話教室」がオススメです。

「オンライン英会話」もいいですね。

英会話教室とオンライン英会話の違いは

わたしは「空気感」だと思います。

オンライン英会話をやっている方がこんなことをおっしゃっていました。

「毎回パソコンの前に座るとすごい手汗なんです。」

ものすごく緊張されるのですね。

その空気感(今回の例で言えば緊張感)はオンライン上ではなかなか伝わりにくいものです。

でも英会話教室で対面でレッスンしていれば伝わりやすく、それによってレッスンの空気感を変えることができます。

過度の緊張感が学習効果を下げてしまいます。

逆に緊張なんて全然しない。という方はオンライン英会話は合っていると思いますよ。

あとは英語を話せるようになるためには「通じるのかどうか」がポイントになりますので、それをチェックしてもらえる環境を作る必要はありますね。

「英語が話せるようになるための5つのコツ」なんていうブログも書いてますので。よければそちらも見てみてください。

そして「TOEICは英会話に効果あるのか?」という質問もよくお伺いしますが、

答えは”Yes. Of course!”

まず、TOEICのリスニングは会話のスピードについていくためのよい練習になります。

また、リーデイングは会話に必要な英語の構造である文法力を鍛えるのにもってこいです。

この5月に問題形式が変更になると、ますます英会話への効果が期待できると思いますよ。

 

ケース2:英語を勉強しよう!と思い、一日一時間程度ですが毎日勉強しています。 CDを聞いてシャドーイングしたり、単語や熟語を暗記したりして毎日勉強して半年ほど 経ちました。最近はモチベーションが上がらずに、 英語の勉強から逃げることばっかり頭にあって困っています。

モチベーションの維持の仕方が知りたい方ですね。

これもよく分かります。わたしも英語のモチベーションが続かないことありました。モチベーションの維持ができない理由はただひとつ

目的がハッキリしていないから

「なんのために英語ができるようになりたいの?」

と自分に聞いてみてください。

それがわかんないから困ってんジャーーン

と言われそうですね。

目的はなんでもいいんです。

「金髪のねーちゃんをナンパする」

「青い目の人の子供を産む」

「ツアーじゃない海外旅行に行く」

など、自分がワクワクする目的をたててください。

それを「書く」「口にだす」

とより効果的ですよ。

ちなみに

「金髪のねーちゃんをナンパする」は英語・仏語・伊語を操る日本TOP大学を卒業された方の目的

わたしにハッキリとおっしゃってくださいました。

「青い目の子どもを産む」は中高時代のわたしの目的

卒業文集に書いてありました。

「目的をはっきりと設定する」のもオススメの勉強法のひとつです。

「目的をはっきりと設定する」=「その目的を変えちゃダメ」

と思う方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。

目的は随時更新可能です。その時々のあなたにとってピッタリの目的を決めればいいのです。

「青い目の子どもを産む」ことが英語を学ぶこと目的だったわたしの夫は「日本人」です。

なのでわたしの目的はもちろん更新されています(笑)

 

ケース3:英語の初心者がこれから勉強するにあたっては、読む(リーディング)書く(ライティング)聞く(リスニング)話す(スピーキング)、どの能力の勉強の割合を、時間的に多くとるのがよいのでしょうか?

英語に必要な4技能がきちんと分かっている方の質問ですね。素晴らしいと思います。

「読む」「書く」「聞く」「話す」

あなたはどれが一番得意ですか?もしくはどれが一番好きですか?

例えば、聞くことが得意・好きな人は「聞くこと8割、他2割」

得意・好きを伸ばすと、不思議と他のこともついてくるのです。

また、不得意・嫌いなことはだれかと一緒にやると継続しやすいですよ。

 

 

第2位 おすすめの本

maxresdefault

 

私は英語力をつけるために洋書を読みたいと思っているのですが、 初心者でも読めてそれなりに面白い本を教えてください。

ラダーシリースがオススメです。

レベルが5段階に分かれているので、自分に合ったレベルの本を読むことができます。

こちらに詳しく掲載されていますので、ご覧くださいね。

あとは、大きめの図書館に行くと洋書コーナーが充実していたりしますので、そこで試し読みしながら

借りるのもいいとおもいますよ。

ちなみにラダーシリーズはApp Storeで購入して読むこともできますよ。

読書は「語彙力」を高めるのにもってこいの勉強方法ですね。

「多読」をキーワードにして、読書するとより効果があがりますよ。

 

 

第3位 使える英語のアプリ、サイト

mobile-phone-791644_960_720

英語を学べる、おすすめの無料アプリを教えて頂きたいです。 自分でも検索してみたのですが、種類が多すぎてどれがよいのかわかりません。

スマホ時代に生きる私たち。コレを英語学習に活用しない訳はありません。隙間時間に手軽にできるのでアプリで勉強するのもいいですね。気分転換にもなります。

わたしがオススメのアプリを3つご紹介しますね。(基本無料ですが、アプリ内で課金があるものもあります。)

1.OKpanda

リスニング力を鍛えるアプリです。(スピーキング力も少し)

「会話の聞き取り→会話の練習→確認テスト」の構成ですすみます。

レベルは7段階以上

場面は旅行・仕事・街中・余暇など

英語もとても自然です。

字幕機能付きに切り替えることもできたり、会話の練習は選択肢からボタンで解答・音声で解答と選べます。

 

2.えいぽんたん

単語力を上げるためのアプリです。

表示される英語の意味を制限時間以内に選択していくゲームです。

「G++ 海外ファーストフード店で注文できる」

といったように正解していくと単語レベルが高くなっていきます。

学校が舞台で、キャラクターを育てる楽しさもあります。

復習機能もついています。

そして、キャタクターがかわいいので癒し効果も!?

 

3.早打ち英文法

その名の通り文法力を上げるアプリです。

並べ替え形式で正しい英文をつくります。

「名詞」「前置詞」「一般動詞」「関係詞」

とカテゴリー分けがされています。

レベルは中1から高校レベルに分かれていますので、自分に合ったところから始められます。

英語の語順になれることができますよ。

 

 

第4位 おすすめの映画

library-488672_1280

ケース1:英語の勉強におススメの映画を聞くと、「ディズニー映画」を勧められます。 「ディズニー映画」が良い理由を教えてください。

ディズニー映画がオススメの理由は英語が綺麗だからだと私は思います。

相手が嫌な思いをするような表現・下品な言葉は避けたいですよね。

初心者にとっては、どの表現が下品なのか、相手が嫌な思いをするのか、は判別できません。

知らずに使っていて、実はとっても失礼だった。なんて経験は避けたいもの。

ディズニー映画はご存知の通り、夢と希望のハッピーエンドストーリーばかり。

そこで使われている英語には綺麗な英語としての信頼性も高くなります。

そして、ディズニー映画の中でも特にオススメなのが「塔の上のラプンツェル」

英語が聞き取りやすく、使われている英語も日常会話で使えるものがとても多いです。

 

ケース2:初心者ですが、独学で英語を勉強しようと思っています。 洋画を見て楽しみながら勉強したいと思うのですが、どのように活用したらいいでしょうか? 

初心者の方が洋画を楽しみながら英語を勉強するためのポイントは

1.映画の内容をよく知っているものを選ぶ

映画の内容を知っているものなら、内容でなく台詞に意識を向けやすくなりますので、勉強しやすいですね。

2.ラブストーリー・ヒューマンストーリーなど内容が複雑でないものを選ぶ

アクションは効果音や映像に意識がいきやすく、台詞もなかなか激しい言葉が使われます。サスペンスは使われている単語が専門的であったり、ストーリー性を追求すると台詞が長く複雑になります。

そうすると、比較的ラブストーリーやヒューマンストーリーは日常会話おボリュームが比較的多く、内容も分かりやすいですね。

3.英語字幕の活用

英語を勉強するためには「英語音声+英語字幕」で見るのがオススメです。

映画の内容が分かった上で英語字幕に切り替えることによって、なんとなくでも「こんなこと言ってるんじゃないかなー」とと推測することができます。

そして繰り返しみることで英語の台詞がまるっとフレーズで頭に入ってくるようになるので、リスニング力がついてきます。

繰り返しみるので、ぜひ自分の好きな映画を選んでくださいね。

何度も何度もみていて、このフレーズ好き!使いたい!と思っていると、ある日ポロっと会話中にでてくることもありますよ。(わたしの体験談)

4.英語の台詞を使ってみる

映画をみているとお気に入りの台詞や耳に残る台詞ってでてきますよね?

それを英語で実際に使ってみてください。英会話教室でもいいです。独り言でもいいです。

「英語を口にだす」ことは英会話を勉強する上絶対に外してはならない勉強法です。

 

第5位 TOEIC

wpid-20150418114446.jpg

ケース1 :社会人になり、もう一度英語の勉強を始めた初心者です。 突然、会社からTOEICを受験するように言われました。 初心者でも受験は可能でしょうか。

TOEICはどなたでも受けることができます。

初心者も上級者もみんな同じテストを受けます。

試験時間は2時間という長丁場で、問題はすべて英語です。

なので、初心者の方は過去問を見たりしてどんな形式ですすむのかを事前に知っておくと、当日ビックリしなくてすみます。

TOEICの参考書もたーーくさんでていますが、オススメは「TOEIC公式問題集」です。

 

ケース2 :受験する方が、TOEICの「〇〇点が目標です」と言われますがスコアの基準が 分かりません。 初心者で受験した場合、どれぐらいのスコアを目指したいいのでしょうか。

まずは、500点突破を目指すことをオススメしています。

中学校卒業程度の英語力があると500点突破が望めますよ。

スコア目安についてはこちらも参考にしてみてくださいね。

 

ケース3:英語が話せるようにする勉強方法と、TOEICで高スコアを取るための 勉強方法は違いますか。

少し違います。

TOEICでの高スコアは大体700点以上(企業が希望する海外部門社員のスコア目安)です。

TOEICは2時間という時間制限があり、問題数も多いです。なので、高スコアを取るにはテクニックも必要になります。

時間配分・問題の傾向を掴むなどです。

それらは会話のテクニックとは違いますよね。

なので、TOEICで高スコアを目指すのであれば、TOEICの勉強をする必要があります。

でも、基礎は会話もTOEICも同じですよ。

英語を話せるようになるためには、TOEICでも扱う「文法力」「語彙力」が必要です。

TOEICのリスニング力があがれば、会話でのリスニング力もおのずとあがってきます。

なので、あなたの目的によって英会話とTOEICの勉強の割合を調節するとよいかと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

あなたも一度は思ったことがある悩みがあったのではないでしょうか?

そして、あなたにとって試してみたいなと思う勉強方法が一つでもあれば嬉しいです。

第6位〜第10位は次のブログで紹介しますのでお楽しみにしてくださいね。

英会話初めてみようかなっと思った方はぜひ一度無料相談会にお越しください。

勝川と名駅でレッスン・イベントを行っております。

中学英語でシンプル簡単英会話をしたい方

海外旅行英会話を身に付けたい方

ちょっと時間が空いた時に気軽に参加したい方

会話ののための英文法を学びたい方

ぜひ一度、お問い合わせください。

 

 

投稿者プロフィール

rieko
岐阜県出身。
元中学英語講師中学校。
共に英語を学びたい人のための英会話コミュニティーEnter Link Englishを運営しています。
英語が得意な時期も苦手な時期もあったけど「やっぱり英語が好き」です。そんな私は一人でも多くの日本人に「英語が話せるようになるコツをつかんでほしい!」と想っています。
モットー:「There’s a will, there’s a way.」「English is fun!」
  専門:中学英語での英会話
  趣味:フラダンス

<年表>
1985(0才) :岐阜県土岐市に4人兄姉の末っ子として生まれる
1995(10才):英語に出逢う。英語大好き・英語得意(だと思い込む)
1999(中2) :初めてのホームステイ
2001(高1) :英語で初めての赤点→英語得意じゃないと気づく
2004(大1) :英会話は中学英語でできると気づく
2006(20才):オーストラリアG.C.に2ヶ月留学
2008 :英会話スクール(イーオン)に就職
2011(26才):英語の中学教員免許を取得するために通信学校入学。英会話スクール退職
2013(28才):岐阜県公立中学校英語教員デビュー
2015.1 :Enter Link English スタート


※こちらにも英語に関する記事を掲載しております。
http://www.baitohub.com/article/214
http://www.baitohub.com/article/240
http://www.baitohub.com/article/288
Pocket